ハウスメーカーと工務店に違いはあるの?

木でできた家

ハウスメーカーと工務店の違いについて気にする人もいるようです。
基本的には、家を建てる会社といったところでは二つの業態に違いはありません。ただ、地域の工事や住宅建築を行う企業が工務店であるといえるでしょう。地域に密着した営業を行う企業と考えるとわかりやすいといえます。手掛ける家はほぼ注文住宅です。自由度が高く、自分のこだわりや家族構成に合わせた家づくりがかないます。ただしプランなどの選択に制限があり、一目であのお店が建築したのだとわかるような通り一辺倒な住宅設計しかできないといったデメリットも考えられます。
ハウスメーカーの場合は、全国や広域に営業拠点を持ち、セミオーダーなどパターン化された住宅を販売することが一般的です。宅地開発なども同時に行い、住宅団地などを形成し建売販売をすること行います。家づくりの自由度は若干制限されてしまう場合が考えられますが、セミオーダー系のプランは幅広く提示されているため、ほぼ注文住宅並みのクオリティで家を建てることが可能です。

両社の建築に関する価格帯も気になるところです。工務店の場合は、店の威信にかけて厳選された建築資材を取り寄せることも多くコストがかかりがちになります。費用は大きくかかりますが、完成時の見た目などにもこだわり、造りの良い家が実現できる可能性が高まります。水回りなどの調度品に関してもグレードが高いものを入れてくれることも多いので、費用面では高いといえます。

ハウスメーカーの場合は、パターン化された住宅を全国どこにでも建築できるよう資材を大量に確保することやメーカー独自の工法を確立させているため、コストダウンを実現させてています。調度品などもメーカーとタイアップして、メーカー仕様品を発注しコストダウンを実現させているため予算内で家を建てられる可能性が見えてきます。ただし、コストカットにこだわることでどこか安普請というようなイメージが払しょくできない家になってしまう場合も否めません。
住宅の建築費を安くすることで、人気が高いエリアで地価が高騰しているところに家を建てやすくなるといったメリットもあります。

このような二つの会社の違いがありますが、基本的には家を建てる会社であることは違いありません。どちらを選ぶかは施主様の気持ちによるでしょう。家を建てる場所や地域のお付き合いなどを考えて、家づくりの二人三脚を担ってくれる建築会社を選ぶようにしたいものです。