マイホームのデザインで失敗しない方法

マイホームは外観や間取りといったデザインが過ごしやすさや、周辺の人達へ与える印象を左右します。ドラマに出てくるようなお部屋が欲しい、ちょっと奇抜な要素を取り入れたいというように希望することはいろいろあるかと思われますが、いざ暮らしたときに居心地が悪いと思えるようになったり、ご近所からクレームが届くこともあるため、その時のトレンドで決めることをせず熟考するようにしましょう。

まずはイメージを固めることから始めます。やわらかい・暖かいというようなキーワードを考えても構いません。こういったイメージを伝えることで設計士がデザインコンセプトを考えやすくなります。
また、家づくりの方向性は必ずハウスメーカーや設計士と共有することが大切です。少しでも意見が食い違えばお互いに納得がいかず、契約を白紙に戻さざるを得なくなったということもあるのです。
それと並行して、家族の意見も取り入れていくことをおすすめします。2階にもトイレを入れたい、パウダールームや、家族みんなで共有できるウォークインクロゼット、DENスペースが欲しいというように、間取りでほしいものはどんどん意見を出してもらうことも一案です。
もちろん予算や立地面積の兼ね合いからすべてを取り入れることは難しくなりますが、意見を参考にして設計士から代替案の提供などもしやすくなるはずです。こうやって家族で話し合うことで家族の方向性も一つにまとめることがしやすくなります。

こうして出来上がったマイホームは、快適に過ごすことができますし、家族でご飯を食べることが楽しくなるといったように結束力を高めてくれるはずです。
家族も自分が話し合いに参加したと認識することで、出来上がったマイホームがいとおしく感じることでしょう。いつまでも住んでいたい家として愛着を持って過ごしてくれることでしょう。

部屋作りで悩んだ場合、実際にモデルルームに足を運ぶことをおすすめしています。
モデルルームで見た部屋の間取りを参考に家づくりをしていくことも一案です。実際の家を見て生活動線を考えながら間取りを実感することで新しい考えも浮かんでくるはずです。
良いなと思った間取りやデザインは、メモに取っておくと情報共有に役立ちます。またこのメモをモチーフに間取りづくりのヒントが生まれるかもしれません。

家族で話をすること、実際に足を運ぶこと、デザイナーである設計士の人とコミュニケーションを密にとることが失敗しない方法といえるでしょう。