マンションを買うなら中古が絶対にお得と言われるワケとは?

中古マンションは今注目されています。絶対にお得といわれる理由として費用が安いということがあげられます。築年数というマイナス面はありますが、新築を購入するよりも半分近くの値段で購入できるメリットが生まれます。また区分譲渡となるため、リノベーションやリフォームができるといったメリットもあります。自分の思い通りに間取りを変えたり水回り品を交換できるため、値段では推し量れない居住価値を高めることもできるといった点もよいでしょう。もちろんリノベーションを行った後でも固定資産税が高くなることはありません。
マンション建設の際に使用されるコンクリ類は時間をかけて強度アップが行われます。新築当初よりも築数十年後が一番強度があるとされており、地震などで確認される破損リスクが少ないなどと言われています。ただし、免震構造が施されていない・地盤が緩い場所に立っているなどという場合はこの限りではありませんので、入居前に入念な調査が必要になるでしょう。

中古マンションの場合でも、管理人が常駐しているところもあります。駅などにアクセスしやすいエリアで評判の建物が安い価格で購入できるのはとても良いことです。
管理人がいない建物でも不動産会社や専門企業が管理を請け負っている場合があるので、安心して過ごせます。中古マンションを購入する場合は、管理人の有無なども確認するとよいでしょう。

また、お得な点といえば譲渡価格や固定資産税だけではありません。中古マンションの場合は管理主膳費の積み立てが蓄積されています。中途で入居すればタイミングによって大規模改修に当たってしまいますが、大きな費用負担をすることなく外壁や共有スペースを回収してもらえる可能性が生まれます。費用面でもお得になると考えると、中古でマンションを購入することもよいですね。

最後に立地をあげましょう。振興マンションなどは交通インフラが不便な場所に建設されることもあります。駅前再開発などで建設された場合、販売価格が異様に高いと悪評判のところもあるでしょう。その反面既存マンションは駅に近い場所に立地していることが多くアクセスしやすいメリットがあります。交通インフラなども充実しており通勤や通学が便利という声も挙げられます。こういった点では古くからあるマンションのほうが充実していると考えることができるのではないでしょうか。
駅が近いということは買い物環境も充実しているととらえることもできるため、さらにお得なのです。