初心者の工務店選びはデザインから入るべき?

家づくり初心者は、どこに家づくりを注文するかといったところが最初のハードルになることでしょう。あの家のデザインがおしゃれだ、というように建築物の外観などからお店を選びたいという考えを持つ人も見られますが、あまり得策ではありません。

家づくりには、設計士や建築士が計算づくで希望やこだわりを家に詰め込みます。そのためマイホームを建てる場合、注文住宅でよいデザインの家は意匠料金も上乗せされてしまうことが一般的です。
こだわりを詰め込みすぎて、予算オーバーしてしまったということでは本末転倒です。こういった理由から、良いデザインの家を提供してくれるという理由で工務店を決めてしまうことはおすすめできないのです。また、デザインありきの場合、電気料や水道料が思った以上にかかってしまうというデメリットも発生しやすいようです。

では、どのような観点で会社選びをすればよいのかといったところですが、家づくりのコンセプトを気にしてみましょう。陽だまりのある家や健康的な生活を送れる家、エコや無垢材にこだわるというように、マイホームの住み心地と機能性に関するコンセプトに共感できるかといったところでフィーリングをみていくとよいでしょう。建築コストか、住み始めた後に発生する電気料などのランニングコストかこういった費用面の比較は、デザインありきでははじまりません。

工務店の中には、相談会やセミナーを逐次開催し失敗しない家づくりの講演会を開催することもあります。こういったセミナーや相談会に足を運び終の棲家となるマイホームづくりを託せる会社を探していくことも一案です。
とある工務店では、住み心地を実感してもらうためにモデルルームを一晩貸し出すという事業を行うこともあります。実物を見て家の良しあしを確認しながら後悔のない注文住宅づくりをしていくことができるでしょう。
中には、モデルルーム展示や実際に施主様がいる住宅の内覧会を行う工務店もあります。こちらも実物に触れるチャンスです。後悔しないように、施主様に家づくりの秘訣を伺ったり工務店の担当者にこだわりについてたっぷり説明してもらうことをおすすめします。

コンセプトなどの次にデザインを持ってくることが、良い家づくりへのステップといえます。
コンセプトに共感できればおのずと洗練された建築デザインが生まれます。機能面にもこだわりを持たせ住み心地の良い家を完成させることができるでしょう。そのためにはまず、実際に足を運び実物の家を見学に行くことや話を聞くことを優先させましょう。